Links

ブロックチェーンを作成する

本ページでは、ブロックチェーンの作成方法について記述します

概要

クラスタータイプやノード数、初期アドレスなどを指定して、Gethを利用したEthereum互換PoA ( Proof of work )のブロックチェーンネットワークを作成します。 ブロックチェーンのネットワーク作成のためには、ライセンスの購入とWalletのアドレスが必要です。

手順 

ネットワーク作成を始める前に

ブロックチェーンネットワーク作成のためには、ライセンスの購入とEthereumのWalletのアドレスが必要です。ライセンスの購入が済んでいない場合は、ネットワーク作成手順の中でライセンス購入の画面が表示されますので、手順に従って購入してください。
Walletをお持ちでない方は、ネットワーク作成を始める前に『Lunascpe Wallet』を導入しご自身のアドレスを取得してください。

ネットワークを作成する

ネットワーク作成の情報を入力する

新しいネットワークを作成するためには、ログイン後に表示される[新しいネットワークの作成]画面で、「作成」をクリックします。その後[ブロックチェーンネットワークの作成]ダイアログが表示されますので、必要な情報を入力します。(詳細設定より上の情報は全て必須です) 各項目の説明はこちらです。
新しいブロックチェーンネットワークを作成する
初期アドレスには、ご自身のEthereumのWalletアドレスを入れます。『Lunascape Wallet』のアドレス、またはご自身の利用しているEthereum Walletのアドレスを入れてください。このアドレスには、そのネットワークで最初に生成されたEther(既定値では10億Ether)が入ります。 『Lunascape Wallet』の自分のアドレスを知りたい場合は、こちらを参照してさい。 必要な項目の入力が終わったら、ダイアログ右下の「作成」をクリックします。
ブロックチェーンネットワークの作成

請求先住所を入力する

所属している組織アカウントの請求先住所が未登録の場合、以下のダイアログが表示されますので 登録してください。以下のダイアログに、住所を入力し「登録」をクリックします。
請求先住所を登録する

ライセンスを購入する

ログインしているG.U.アカウントがライセンス未購入の場合、以下のライセンス購入画面が表示されます。契約内容と請求金額をご確認ください。
ライセンスの詳細については、こちらをご覧ください。
本システムのライセンスは、月ごとの請求となります。月初に同じ構成であれば、自動的に契約が継続されます。月途中で購入された場合、当月は日割りの課金となり、その場合、ライセンス購入ダイアログの請求金額の横に、当月の残りの日数が表示されますのでご確認ください。 クーポンをお持ちの場合は、請求金額からクーポン分が減額されていることを確認してください。
ライセンスの確認
ライセンスの確認(拡大版)
内容に問題なければ「購入」をクリックします。「購入」をクリックするとクレジットカードへの課金が行われ、ライセンスの購入が完了します。
ライセンスの購入する

決済手段を登録する

所属している組織アカウントの決済手段が未登録の場合、以下のダイアログが表示されますので登録してください。ここでは登録だけで、決済が行われることはありません。支払いカード情報を入力し、右下の「カードを追加」をクリックします。 G.U.Blockchain Cloudは、クレジットカードの決済のみに対応しております。Enterprise契約の場合は、請求書払の対応も可能です。(ライセンスの種類はこちら) 請求書払をご希望の方は、リクエストフォームからお問い合わせください。
支払い方法を登録
登録が完了すると、ネットワークの作成が開始します。

ネットワークの作成の開始を確認する

ネットワークの作成が開始すると、サーバーが起動し、以下の画面が表示されます。 指定したネットワーク名でネットワークが作成中であることを確認します。各ノードの左端のマークが動いていることを確認してください。各ノードの作成が完了すると、左端のマークが、順次緑色に変わります。
ネットワークの作成開始
ブロックチェーンネットワークの作成が完了するるまでは、数分〜10分程度かかります。
ネットワークの作成途中

ネットワーク作成の完了を確認する

全てのノードの左側が緑色になり[Transaction Node]から[Signer Node]になれば、ネットワークの作成は成功です。画面上の各項目の説明はこちらです。
ネットワーク作成の完了

(重要)ネットワーク作成の失敗の場合

Amazon Web Service等利用しているクラウドシステムの状況によっては、サーバーの起動に失敗し、ネットワークが作成できないことがあります。本システムがネットワークの作成に失敗したことを検知した場合には、ネットワーク作成が取り消され全てのノードは自動的に削除されます。
ネットワークの自動削除
その場合は、画面左側のメニューから「通知」を選択すると以下のようなメッセージが確認できます。
ネットワークの作成失敗
ネットワークの作成に失敗した場合でも、購入したライセンスは返金されません。 再度ライセンスは利用可能ですので、もう一度同じ構成でネットワークを作成してみてください。